「治療中の歯の痛みが、なかなかおさまらないんだけど・・・」

「親知らずって、どこで抜いたらいいの・・・」

歯科衛生士として実際に働いていると、友人や親戚などから歯科治療について、質問や相談を受けることが多々ありますよね。

それは、周囲の人が あなたのことを「歯科医療のプロ」と見ている証拠です。

きっと、歯科治療についていろいろ相談される機会が、今後もきっと多くあるはずです。

「虫歯」や「歯周病」についてだけでなく、「歯並び」についても的確なアドバイスをきっと期待しているはずです。

そのため、「虫歯」や「歯周病」についてだけでなく、「歯並び」についても的確にアドバイスができるようしっかりと準備しておきたいものです。

「歯並び」については大丈夫?

わたしの周囲にも、虫歯予防や歯周治療のことについて、一生懸命に勉強している歯科衛生士さんがたくさんいます。

勉強会に参加したり講習会に参加したりと、熱心な方たちが非常に多いです。中には、認定衛生士の資格まで頑張ってとったという歯科衛生士さんもいます。

そのため、「虫歯」や「歯周病」についての相談を、友人や親戚から受けた際は、しっかりアドバイスできていることと思います。

しかし、「歯並び」や「噛み合わせ」のことについて、友人や親戚から相談された際はどうでしょうか?

「歯並び」や「矯正治療」のことについて、しっかりアドバイスできるという歯科衛生士さんはきっと少ないのではないでしょうか?

ママになっても活躍する時代!

歯科衛生士

うれしいことに、「虫歯予防」や「歯周病のメンテナンス」など 歯科衛生士さんの活躍できる場面が、以前と比べて格段に多くなっています。

そのため、「結婚してからも働きたい・・・」「出産してからも働きたい・・・」と希望する歯科衛生士さんも多いのではないでしょうか。

実際、子育てをしながら活躍する歯科衛生士さんが、わたしの周囲にもたくさんいます。

そして、その歯科衛生士さんたちが口を揃えていうのが、「ママ友から、子どもの歯のことについてよく相談される」「とくに、歯並びについて相談される」というものです。

歯並びについて相談された際、何のアドバイスもできないようであれば、すごく恥ずかしい思いをしてしまいます。

そのため、一般歯科に勤めているとはいっても、「歯並び」や「矯正治療」について知識は最低限身につけておく必要があるのです。

矯正治療が必要な子どもたちの増加!

将来、矯正歯科に求められる使命が、おおきく変化するのではないかと予想しています。

なぜなら、子どもたちの歯並びや噛み合わせの様子が、急激に変化していると実感するからです。

乳歯列の時に叢生そうせい (=デコボコ前歯)が認められたり、永久歯への交換が極端に早かったりする子どもを多く見かけるようになりました。

他にも、ポカンっと口を開けている子どもや、食べものを噛んだり飲み込んだりするのが下手な子どもが増えているのです。

つまり、口腔機能こううくうきのうあや うい状態の子どもが、非常に多いということです。

そのため、適切な口腔機能を子どもが身につける援助をするという役割が、矯正歯科の大きな使命になると感じています。

そこで大きな役割を果たすのが、ママになった歯科衛生士さんたちだと考えています。

なぜなら、たくさんのママ友から、「歯並び」や「噛み合わせ」についての相談を受ける機会が非常に多くなるからです。

そのため、一般歯科に勤めているという歯科衛生士さんにも、「歯並び」や「噛み合わせ」について興味をもってもらいたいのです。

矯正治療についての知識を身につけるには・・・

歯科衛生士

「歯並び」や「矯正治療」についての知識を身につけるには、それらのことに興味をもつことです。

それには、ご自身もしくはお子さんが、実際に歯列矯正を経験することが一番です。

そうすれば、歯並びや噛み合わせについて、自然に関心が湧いてくるはずです。

実際、わたしが矯正歯科専門の歯医者になろうと思ったのも、私自身が矯正治療を経験したことが切欠きっかけ です。

以前のわたしは、自分が出っ歯であることをひどく気にしていました。人の目を気にして、恥ずかしく思っていたのです。

しかし、矯正治療をしたことによって、いつのまにか気にすることも無くなっていました。

そのように、「良い矯正医にめぐりあうことができた・・・」「矯正治療して良かった・・・」と思える経験があって、矯正治療に興味をもったのです。

当クリニックでは、「岡山の歯科衛生士を応援するプロジェクト」を行なっています

当クリニックでは、矯正治療のすばらしさを世間に広める活動を行っています。

その一環として、「歯科衛生士 応援プロジェクト」と称し、矯正治療を経験した歯科衛生士さんを増やす活動を行っています。

歯科衛生士さんに矯正治療を経験してもらうことで、その友人や親戚に広く情報が伝わるようになるからです。

他の歯科医院で現在 働いているという方も、このホームページを読んだ方はぜひエントリーしてください。マウスピース矯正治療を、「特別価格」で受けることができます。

ただし、治療中にはアンケートに答えていただいたり、治療後には感想を書いて頂いたりすることを予定しています。・・・

エントリーの方法!

エントリーの方法は簡単です。

矯正相談(=初診カウンセリング)の予約を行う際に、以下の2点を伝えるようにしてください。

①歯科衛生士として働いていること
②歯科衛生士応援プロジェクトにエントリーすること

矯正相談の予約については、電話もしくはインターネットで行うことができます。

⇒  さっく、エントリーする 

歯科衛生士学校の学生さんも対象

現在、歯科衛生士学校に通っている学生さんも、「歯科衛生士 応援プロジェクト」の対象です。

ぜひ、エントリーしてください。⇒  詳細を確認する 

<対象> 岡山高等歯科衛生専門学院の学生さん ・朝日医療大学校の学生さん ・インターナショナル岡山歯科衛生専門学校の学生さん ・岡山看護助産学校の学生さん

インターネット予約 無料メール相談