約束①|アライナーは1日20時間以上装着する

 

インビザライン矯正を成功するために最も重要なことは、透明なアライナー(=マウスピース)を1日22時間以上しっかり使用することです。就寝中だけでなく、基本的には昼間もずっと装着しておく必要があるということです。

インビザライン治療では、アライナーをしっかり装着していないと歯並びや噛み合わせをキレイにすることはできません。別の言い方をすると、インビザライン治療では、アライナーさえしっかり使用できれば歯並びや噛み合わせをキレイにすることです。

ただし、食事をする時や歯磨きする際は、アライナーを一旦 取り外した状態で行います。食事と歯磨きが終了した後は、すみやかにアライナーを口に戻すようにすることが大切です。

約束②|7日間毎にアライナーを交換する

 

インビザライン矯正では、透明なアライナーを1週間に1度のペースで交換する必要があります。

交換するアライナーは、あらかじめ順番が決まっています。その順序にしたがって、1週間毎に新しいアライナーに交換するのです。

各アライナーには、歯が0.25mmずつ移動するようチカラが加わる格好になっています。そのため、新しいアライナーに交換した際は、歯にチカラが加わるような感覚や、歯を締め付けるような感覚を感じることがあります。

そうすることによって、歯並びを整えたり、噛み合わせを改善したりすることができる仕組みになっているのです。

インビザライン(岡山矯正歯科)

約束③|2ヶ月毎に通院する

 

インビザライン矯正中は、2ヶ月ごとに診察を受ける必要があります。

2ヶ月ごとに診察を行って、歯列矯正の進捗(しんちょく)状況を確認したり、アライナーを新しくつくり替えたりするのです。

2ヶ月に1度の通院がとどこおると、治療期間が極端に長くなったり、アライナー(=マウスピース)を作り直す作業が余計に必要になったりする心配があります。

そのため、歯列矯正を行っている際は、きちんと診察に通うことが大切なのです。