マウスピースを装着する際には、「アライナー・チューイー」(以下、チューイー)を必ずしっかり噛んでもらうことをお願いしています。

「どうして、これを噛む必要があるのだろうか」「これを噛むことによって、どのような効果があるのだろうか」と思った方もいるのではないでしょうか?

そのため、ここでは、マウスピース矯正でチューイーを用いる目的と、チューイーの正しい使い方について説明します。

チューイーって?

マウスピース矯正で使用するゴムロール

チューイーとは、マウスピース矯正治療を行う際に用いるゴム製のチューブのことです。ただし、歯科医院の中には、板状のゴムをチューイーとして使用するところもあります。

いずれにしても、ちょっと弾力が強く、噛んでもちぎれたり型くずれしたりしない格好のものになっています。

チューイーを噛む目的は?

チューイーを噛む目的は、非常に簡単です。チューイーを噛んで、マウスピースをしっかり嵌(は)め込むためです。

マウスピース矯正を行う際、複数の歯の表面にはプラスチックのポッチ(=アタッチメント)を取り付けます。マウスピースを普通に入れるだけでは、微妙に浮いた格好になってしまうのです。

そのため、チューイーを噛んで、マウスピースをしっかり嵌め込む必要があるのです。

そのまま噛むだけではダメなの?

「マウスピース同士で、つよく噛み合わせたらいいんじゃない?」と思う方もいるかもしれません。私もそう思って、実際に試してみました。

マウスピース同士で噛み合わせてみても、マウスピースはしっかり嵌まり込む様子です。チューイーなんか使用せずとも、大丈夫な様子です。

しかし、チューイーを改めて噛んでみると、マウスピースがさらにしっかり嵌(は)まり込む様子がわかります。マウスピース同士でつよく噛み合わせるだけでは、マウスピースを完璧に嵌め込むことはできないのです。

やはり、チューイーを使用することは非常に大切なんですね。

いつ使うの?

マウスピースの装着を行う際には、チューイーを毎回使用するようにしてください。

とくに、新しいマウスピーに交換を行う際のチューイーの使用はもっとも重要です。なぜなら、この時のマウスピースが、もっとも浮き上がりやすいからです。

そのため、チューイーをいつもよりしっかり噛んで、マウスピースをしっかり嵌(は)め込む必要があるのです。

正しいチューイーの使い方

手順① 

マウスピースを、上下ともにしっかり装着します。その状態で、チューイーを右の奥歯のところにもっていき、グッグッグーっと強く噛みしめます。すると、マウスピースがギュッキュっと嵌(は)まり込む感覚があります。

手順② 

チューイーを犬歯(=糸切り歯)の近くまで移動し、グッグッグーっと強く噛みしめます。すると、この部分でも、マウスピースがギュッキュっと嵌(は)まり込む感覚があります。

手順③ 

チューイーを、前歯部分に移動します。そして、グッグッグーっと強く噛みしめます。この際、下アゴの位置をずらし、チューイーを前歯で噛み切る格好で噛むようにするのがポイントです。

手順④ 

チューイーを左側の犬歯の近くまで移動し、グッグッグーっと強く噛みしめます。

手順⑤ 

チューイーの位置を左の奥歯に移動し、グッグッグーっと強く噛みしめます。

手順⑥ 

チューイーを再び左側の犬歯の近くまで移動し、グッグッグーっと強く噛みしめます。

手順⑦ 

チューイーを、前歯部分に移動します。そして、グッグッグーっと強く噛みしめます。

手順⑧ 

チューイーを右の犬歯の近くまで移動し、グッグッグーっと強く噛みしめます。

手順⑨ 

チューイーを右の奥歯のところにもっていき、グッグッグーっと強く噛みしめます。

手順⑩ 

①〜⑨の操作を、2〜3往復繰り返します。

手順⑪ 

完了したら、チューイーを洗ってケースの中に戻します。

まとめ

マウスピース矯正でキレイな歯並びにするためには、アラーナー・チューイーをしっかり使用することが大切です。ただし、マウスピース矯正をはじめた時期は、アラーナー・チューイーを噛むということが辛(つら)く感じてしまうことがあります。

なぜなら、マウスピース矯正をはじめたばかりの頃は、歯が過敏な状態になっているからです。そのため、アラーナー・チューイーを強く噛むと痛く感じてしまうからです。

しかし、歯が過敏な状態も、しばらくすると徐々に治まってくることが通常です。そのため、アラーナー・チューイーを躊躇なくしっかりと噛むことができるようになるはずです。

インターネット予約 無料メール相談