2018年6月に開催されたインビザライン・アジアパシフィックサミット において、「アジア地域でもインビザライン・ファーストのサービスを開始すると発表がありました。

「インビザライン・ファースト」とは、アラインテクノロジー社が提供する小児矯正専用のマウスピース矯正システムのことです。

これにより、小児矯正しょうにきょうせい (=第一期矯正治療だいいっききょうせいちりょう )についても、マウスピース矯正で行うことがついに可能になります。

このことは、多くのお子さんにとって非常に有益なことです。なぜなら、お子さんにとって、小児矯正が圧倒的にラクになるからです。

そして、小児矯正の効果についても、圧倒的な治療結果が期待できるようになるからです。

このページでは、新たにサービスが開始となったインビザライン・ファーストについて説明するともに、インビザライン・ファーストによる小児矯正治療が受けられる矯正歯科について説明しています。

固定装置と同じ拡大効果!

RPE(岡山矯正歯科)

RPE(=上顎急速拡大装置)と同様の拡大効果が得られる

インビザライン・ファーストでは、新たな材質のマウスピースが使用できるようになります。

この新たなマウスピースは、軽いけど非常にガッチリとした格好になっています。そのため、たわ みにくく、乳歯に強いチカラを加えられる格好になっています。

このマウスピースを用いるのは、乳歯に強いチカラを加えて、上アゴをしっかりとひろ げる際です。

かなり強固なつくりになっているため、急速拡大装置などの固定式矯正装置と同程度の強いチカラを乳歯に加えることができるのです。

ワイヤーより正確!

インビザラインファースト

Dr, John Brabantによるインビザライン・ファーストを用いた治療結果

インビザライン・ファーストでは、従来型のマウスピースも使用します。従来型とは、透明で弾力性のある材料でつくられたマウスピースのことです。

永久歯や乳歯を動かして、これから生えてくる永久歯がキレイに並ぶためのスペースを準備する際に、このやわ らかいタイプのマウスピースを用います。

マウスピースは非常にやわ らかいため、歯には弱いチカラしか加わりません。そのため、痛みがほとんどない格好で、永久歯と乳歯を動かすことができます。

しかも、マウスピース矯正であるため、これから生えてくる永久歯のためのスペースを過不足なく準備することができます。

インビザライン・ファーストによる小児矯正が受けられる矯正歯科

小児矯正治療(岡山矯正歯科)

インビザライン・ファーストでの治療は、どの矯正歯科でも受けることができるのでしょうか?

それとも、現在、インビザライン治療を行っている矯正歯科に行ったら、インビザライン・ファーストの治療も受けることができるのでしょうか?

残念ながら、インビザライン・ファーストでの小児矯正治療を受けることができる矯正歯科は、全国でも非常に稀です。

なぜなら、インビザライン・ファーストのライセンスを得るためには、厳密な診査基準をクリアする必要があるからです。

つまり、第一期矯正治療もしくは小児矯正に精通していると認められる矯正歯科だけに、インビザライン・ファーストのライセンスが与えられる仕組みになっているからです(平成30年6月 現在)。

まとめ

「インビザライン・ファースト」の登場により、小児矯正(=第一期矯正治療)もマウスピース矯正で行うことが可能になりました。

これにより、お子さんに歯の痛みをほとんど与えない格好で矯正することできるだけでなく、ムシ歯の発生リスクが少ない格好で矯正することできるようになります。

そのため、「自分の子どもに小児矯正をしてあげたい・・・」「できるだけ負担の少ない格好でしてあげたい・・・」と考えている方は、インビザライン・ファーストができる矯正歯科をみつけたうえで矯正相談に行くことをオススメします。

岡山市内で「インビザラインファースト」による
小児矯正治療が受けられる歯科医院
⇩ ⇩ ⇩
アライン矯正歯科
かなお矯正・小児歯科クリニック

インビザライン・ファースト

インターネット予約 無料メール相談