当クリニックが選ぶ
マウスピース矯正システム

アライン矯正歯科では、治療に用いるマウスピース矯正システムとして「インビザライン・システム」を採用しています。
なぜなら、インビザラインは、さまざまなケースの治療に対応できるほか、患者様にとっても従来の矯正と比べてもメリットが多いからです。

マウスピース矯正は千差万別

世界中には、「アソアライナー」「イークライナー」「アクアシステム」など複数のマウスピース矯正システムがあります。
その中で、「どのマウスピース矯正システムで治療するのか」ということは、 歯列矯正を成功するうえで非常に重要です。なぜなら、どのマウスピース矯正システムで治療するのかによって治療結果が大きく異なるからです。マウスピース矯正を行っている歯科医院の中には、粗悪なマウスピース矯正システムを使用したり、マウスピースを自作して使用したりする医院もあります。
そのため、マウスピース矯正をはじめる際には、どのマウスピース矯正システムを用いている歯科医院なのかよく確認したうえで矯正相談に行くようにすることが大切なのです。

インビザラインの優位性

  1. 特長01 あらゆるケースに
    対応できる

    インビザラインなら、「受けロ」や「出っ歯」の治療などさまざまなケースの治療を行うことができます。
    また、インビザラインなら、抜歯矯正(=抜歯して行う治療)と非抜歯矯正(歯を抜かずに行う治療)にかかわらず、いずれのケースでも適切に治すことができます。

  2. 特長02 フルデジタルで
    治療できる

    インビザラインなら、精密検査や診断を行う段階から矯正後の保定(ほてい)
    処置までの過程を、すべてフルデジタルで対応することができます。 なぜなら、口腔内スキャナー(=アイテロ・ エレメント)や、シミュレーションソフト (=クリンチェック)などのデジタル機器と完全に連動する形で治療を行うように設計してあるからです。

  3. 特長03 ビッグデータが
    ある

    すでに600万人以上の患者さんが、インビザラインで歯列矯正を行っています。
    そして、その治療経過および治療結果に関するデータは、すべて集積する仕組みになっています。
    さらに、このビッグデータを分析する仕組みが、インビザラインにはあります。
    そのことよって、インビザラインは最適な進化を続けることができるのです。

  1. メリット01 治療中の
    目立ちにくい

    インビザライン治療で用いるマウスピースには、アラインテクノロジー社が開発した柔らかい材料(=スマートトラクト)が使用してあります。 そのため、他のマウスピース矯正システムよりも、透明で使用していても目立ちにくく、また痛みに配慮された治療法のため、痛みに敏感な方や勉強や仕事に支障があっては困る方には、オススメのマウスピース矯正システムなのです。

  2. メリット02 治療スピードが
    速い

    インビザライン治療における歯の移動は、すべてコンピューターでプログラミングして行います。そのため、目的のポジションまで、歯を最短距離で移動することができます。また、最適なチカラが常に加わるようにすることができるため、歯を最も効率よく動かすことができます。
    重度の歯並び異常のために治療期間が長いことが予想されるケース、非抜歯治療のために治療期間が長いことが予想されるケースなどでは非常にオススメです。

  3. メリット03 視覚的に
    確認できる

    インビザライン治療では、矯正治療の歯の移動を視覚的に確認することができます。たとえば、治療後の歯並びの状態だけでなく、治療中の歯の移動を確認することができます。
    そのため、自分の歯並びがどのように治るのかということを完全に理解したうえで、歯列治療を開始することができます。

インビザライン矯正で
守るべき3つの約束

  • アライナーは
    1日20時間以上装着する

    インビザライン矯正を成功するために最も重要なことは、透明なアライナー(=マウスピース)を1日20時間以上しっかり使用することです。就寝中だけでなく、基本的には昼間もずっと装着しておく必要があるということです。
    インビザライン治療では、アライナーをしっかり装着していないと歯並びや噛み合わせをキレイにすることはできません。別の言い方をすると、インビザライン治療では、アライナーさえしっかり使用できれば歯並びや噛み合わせをキレイにすることです。
    ただし、食事をする時や歯磨きする際は、アライナーを一旦取り外した状態で行います。食事と歯磨きが終了した後は、すみやかにアライナーを口に戻すようにすることが大切です。

  • 7日間毎にアライナーを交換する

    インビザライン矯正では、透明なアライナーを1週間に1度のペースで交換する必要があります。
    交換するアライナーは、あらかじめ順番が決まっています。その順序にしたがって、1週間毎に新しいアライナーに交換するのです。
    各アライナーには、歯が0.25mmずつ移動するようチカラが加わるようになっています。そのため、新しいアライナーに交換した際は、歯にチカラが加わるような感覚や、歯を締め付けるような感覚を感じることがあります。
    そうすることによって、歯並びを整えたり、噛み合わせを改善したりすることができる仕組みになっているのです。

  • 2ヶ月毎に通院する

    インビザライン矯正中は、2ヶ月ごとに診察を受ける必要があります。
    2ヶ月ごとに診察を行って、歯列矯正の進捗(しんちょく)状況を確認したり、アライナーを新しくつくり替えたりするのです。 2ヶ月に1度の通院がとどこおると、治療期間が極端に長くなったり、アライナー(=マウスピース)を作り直す作業が余計に必要になったりする心配があります。
    そのため、歯列矯正を行っている際は、きちんと診察に通うことが大切なのです。

最新機器

マウスピース矯正を適切に行うためには、口腔内スキャナーやシュミレーションといった設備が必要になります。
当クリニックでは、マウスピース矯正治療に必要な設備が整っています。

  • 3Dスキャナー iTero element

    「口腔内スキャナー」は、歯並びや噛み合わせの状態をデジタルで読みとるための医療機器です。
    「iTero element」は、海外ではすでに2015年から使用されていましたが、2017年に日本でも医療機器認可がおりている最新のスキャナーで、このスキャナーがあることによって、歯型取り時の患者様の負担を軽減し、インビザラインでの歯列矯正をスムーズかつ正確に行う事が出来るようになります。

  1. メリット01 苦手な歯型採り作業を回避

    インビザライン治療では矯正治療が完了するまでにマウスピース装置の作り直し作業が平均で3~4回必要です。
    従来の歯型とりは、鼻呼吸が苦手だったり、咽(む)せやすかったりする方にとってつらい作業でしたが、口腔内スキャナーなら、読み取り時間はおよそ5分。上アゴと下アゴをそれぞれスキャンする間、患者様は口を開けておくだけなので、圧倒的に負担が少なくなります。
    口の中に唾(つば)が溜まったり、口の中が乾燥したりした場合は、読み取り作業を一旦中断することもできます。
    口腔内スキャナーによる読み取りには、失敗がないので、何度も歯型とり作業を繰り返すこともありません。

  2. メリット02 マウスピースのクオリティーを向上

    口腔内スキャナーを用いることによって、インビザライン治療のクオリティが劇的にアップします。
    歯としっかり密着しないマウスピースを用いても、歯を適切に動かすことができません。
    しかし、口腔内スキャナーがあれば、歯型をデジタル・データで正確に記録することができ、狂いがなく、高品質のマウスピースを作り上げることができるのです。
    口腔内スキャナーを用いることで、マウスピース矯正を満足できる形に仕上げること、そして短い治療期間で治療を行うことに繋がるのです。

  3. メリット03 アライナー到着までの期間を短縮

    口腔内スキャナーがあれば、アライナー(=マウスピース)を受け取るまでの期間を平均2週間短くすることができます。
    なぜなら、インビザライン治療で使用するアライナーは海外に発注する必要があるため、口腔内スキャナーがあれば、歯型のデータをデジタル形式で海外に送ることができるからです。
    複数回の歯型とり作業と、アライナーの作り直し作業が必要であるマウスピース矯正において、治療が完了するまでに、少なくとも4~5回海外に発注する必要があります。無駄に治療期間を延ばさないためにも、口腔内スキャナーをインビザライン治療に用いることは非常に有効なのです。

  • クリンチェック

    「クリンチェック」は、歯の移動をプログラミングするためのソフトウェアです。
    クリンチェックがあることによって、インビザラインでの歯列矯正を精度に行うことができるようになります。
    しかし、デジタルだからといって、治療結果が同じになるとは限りません。なぜなら、メーカーから自動的に送られてくる画一的な治療計画では、決してキレイに治らないからです。
    マウスピース矯正で最適な状態に仕上げるためには、オーダーメイドで、患者さん一人ひとりにあったプログラミングを組む必要があります。 当然、このプログラミングの優劣によって、マウスピース矯正の治療結果も大きく左右します。

  • オルソパルス

    「オルソパルス」は、歯の周りにある骨細胞を活性化するための光学医療機器です。
    オルソパルスがあることによって、インビザラインでの歯列矯正をスピーディーに行うことができるようになります。

  • 歯科用CT

    「歯科用CT」は、歯やアゴ骨の形態を三次元的に記録するためのレントゲン撮影機器です。
    歯科用CTがあることによって、インビザラインでの歯列矯正をより適格に行うことができるようになります。

マウスピース矯正の
お役立ち豆知識をブログで配信中です!
ぜひご覧ください!

豆知識ブログ マウスピース矯正